枝優花監督による俳優のための実践的ワークショップ2020

2020年12月17日、18日、19日、20日の連続4日間、枝優花(えだ・ゆうか)監督のワークショップを行います。

実は昨年も12月17日から枝優花監督にはワークショップをやっていただいたので、まるまる一年ぶりにやっていただくことになります。

しかしながら、この一年、新型コロナウィルスの流行があり世界の様相は恐ろしく変化しています。新たなる日常は戻りつつありますが、それでさえ、すぐに崩れそうな状態。死と隣り合わせの毎日は続いていて、そんな日々が僕らの生活や芸術、エンターテイメントに影響を及ぼさないわけはありません。

しかし、そんな激しい世界の変容の中でも枝優花監督の快進撃は止まりません。

・1月14日、TOKYO MX「スイーツ食って何が悪い!

・1月17日、Natural LagのMV「蜃気楼」

・8月19日、羊文学のMV「砂漠のきみへ」

・10月3日~、TV東京「あのコの夢を見たんです。」 1、4、7、8、9話

崎山蒼志、配信シングル三部作MV
 「Samidare」(11/1)、「Heaven」(12/1)、「Undulation」(1/1)

いずれも傑作。来年も作品が目白押し。だそうです。

枝優花監督の快進撃が止まらない。その理由は明確。枝優花監督の演出が、冒険的で挑戦的なうえに、的確だから。それこそが多くの製作者たちが枝優花監督と組みたいと思う理由でしょう。話題になった「少女邂逅」はもちろん素晴らしいのですが、その後の枝優花監督を知って欲しい。現在放映中の「 あのコの夢を見たんです。 」第1話ぜひ見てください。

「あのコの夢を見たんです。」第1話
https://www.paravi.jp/watch/61334

南海キャンディーズの山里亮太さんの原作が面白いのはもちろんですが、枝優花監督の演出が突出しています。これが枝優花監督がすごい理由です。さらにその凄さはワークショップに参加すればわかります。的確な演出が俳優たちを輝かせる瞬間を実際に目撃できるからです。

新しい映画と新しいドラマ、そして新しい時代。それを作り出すだろう枝優花監督。彼女と出会いたい方、枝優花監督の作品に花を添えることの出来る方、枝優花監督にインスピレーションを与えることの出来る方、 枝優花監督の作品を盛り上げる存在感・魅力・演技力をお持ちの方。ぜひともこの機会にワークショップにご参加下さい。応募殺到するはずなのでお早めにご応募下さい。お待ちしております。

(アクターズ・ヴィジョン代表マツガエ)

◎ 講師プロフィール

枝 優花(Yuuka Eda)

枝 優花
1994年生まれ。映画監督・写真家。群馬県出身。 初長編映画『少女邂逅』が新宿武蔵野館を始め全国公開し2ヶ月のロングランヒットを記録。香港国際映画祭や上海国際映画祭に招待され、バルセロナ・アジア映画祭で最優秀監督賞を受賞。 2019年日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞。 また、写真家としても活動し、多くのアーティスト作品や広告を手掛ける。

【主要演出作品】

<映画>
・さよならスピカ(2013年、監督・脚本・編集)
・美味しく、腐る。(2014年、監督・脚本・編集)
・少女邂逅(2018年、監督・脚本・編集)
・ 21世紀の女の子「恋愛乾燥剤」(2019年、監督・脚本)
・放課後ソーダ日和 特別版(2019年、監督・脚本)

<テレビドラマ>
・スイーツ食って何が悪い!(2020年1月14日、TOKYO MX、監督・脚本)
・あのコの夢を見たんです。(2020年10月3日~、テレビ東京、監督)

<配信ドラマ>
・放課後ソーダ日和(2018年6月29日 – 8月20日、YouTube、監督・脚本)

<ミュージックビデオ>
・とけた電球「魔法が使えないから」(2017年)
・とけた電球「心が忘れない」(2017年)
・高井息吹「今日の秘密」(2017年)
・STU48「暗闇」(2017年)
・indigo la End「蒼糸」(2018年)
・吉澤嘉代子「女優」(2018年)
・マカロニえんぴつ「レモンパイ」(2018年)
・佐藤千亜妃「空から落ちる星のように」(2019年)
・ Natural Lag「蜃気楼」(2020年)
・羊文学「砂漠のきみへ」(2020年)
・崎山蒼志、配信シングル三部作MV(2020年、2021年)


◎ワークショップ概要

【日程】
2020年12月17日(木)、18日(金)、19日(土)、20日(日)、 全4日間
 
【クラス】
・昼クラス(13:00-16:00)
・夜クラス(18:00-21:00)

※ 毎日、感染症対策のため、検温チェック、消毒などを行いますので、早めにご来場いただきます。

※ また、参加される2週間前12月3日からの毎日の検温をご報告いただきます。ので、参加を希望される方は、今日から毎日の検温を記録しておいてください。
 
【場所】 都内

【参加費用】 33,000円(税込み)

【応募資格】
・枝優花監督の作品への参加を希望する者
・何がなんでも演技者として突出したい者

【締め切り】昼夜クラスとも30名
※感染症対策を行っております。
※毎回、応募者多数により早めに打ち切りますので、お早めにお申し込み下さい。


◎エントリー方法

【1】まずはメールにてエントリーして下さい。
 「枝優花監督による俳優のための実践的ワークショップ2020」
 参加希望の方は、
・メールタイトルを「枝2020」とし、
・メール本文に
(1)お名前(本名でも芸名でも構いません)
(2)ふりがな(お名前の読み方を平仮名でお書きください)
(3)性別
(4)生年月日(表記は1982/7/14のように年月日を/で区切り、西暦で)
(5)連絡先電話番号(すぐにつながる携帯番号をお願いします)
(6)所属事務所名、担当者名、担当者連絡先電話番号
(7)参加希望クラス((1)昼クラス、(2)夜クラス、(3)どちらでも)
(8)本ワークショップに参加を希望する理由
 をお書きください。
・そのうえで、事務所所属の方は事務所作成のプロフィールをメールに添付してください。
・無所属の方は、ご自分で作成のプロフィールを添付してください。
・プロフィールとは、A4サイズ、PDFで作成された次のようなものです。
http://actorsvision.jp/wp-content/uploads/2019/02/entrysheet.pdf
・以上のメールを作成し、ワークショップ事務局
 actorsvisionjapan@gmail.com
 までメールをお送りください。

【2】参加希望俳優の中から、本ワークショップの目的に合致した者に参加許可の通知および入金のご案内をメールいたします。(書類審査・入金案内)

【3】入金をしていただいた方から、正式エントリーとさせていただき、集合場所やテキストについての案内を送らせていただきます。(参加決定)